<< 寝ろ | main | ふぬけ >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2009.03.27 Friday | - | - |


合格

大学うかったあああああああああああああああああ

長かったような

あっという間だったような

辛かったような

楽しかったような

頑張れたような

怠けてたような

いろいろあったけど、

全部笑い話。


1年のときからの成績をみて、しみじみと、頑張ったなあと思う。
悲惨な定期テストも、模試も、ほんと同じ人間とは思えないくらい頑張ったよ。
模試では1位もとったし、
評定は体育以外全部5だったし。
成績なんてどうでもよかったけど、やっと終わって、
なんだか嬉しいって思える。
意味のない数字だと、軽蔑してたものも、今では大切なものに思える。
自分を褒めてあげられるよ。
クラス1、学校1頑張ってたはずだよ。
本当に。
毎日、毎日、朝が来るのが嫌だったり、
勉強が嫌いで嫌いで、でも勉強から逃げ出す勇気も才能もない、
ただやれといわれたからやる、
そんなつまらない自分に嫌気がして嫌いで嫌いで、
情けないってずうっと思ってた。
でも、ほんとうは、頑張る自分が一番好きだったよ。
なにかに頑張ってる自分が。
だから、受験は終わっても、いつでも真面目に、何かに頑張っていようよ。
追い詰められることは怖いし苦しいけど、
お前ならやれるってわかったよ。

入学当初は、考えてもいない名前の大学だったけど、
案外簡単に手は届くよ。
歳をとって、まともな服装をして、まともな顔をした大人たちが、
決してまともな頭をしてるとは限らないって、
充分にわかってきた。
結局、なにもかわってない人達ばかりで、
子供も大人も大差ないって。
むしろ、子供のときのほうが一生懸命だったはずだよ。
私も、一番頑張ってた自分は、13歳ごろの自分だと思うし・・・。
なんだかよくわからなくなってきた。


とりあえず、友達にメールして、報告したりした。
親にも報告した。
「おめでとー」といってすぐにパチンコに行きやがった・・・。
まあ、いいか。

私立うけなくて不安だったけど、
良かったよ。
頑張ったよ。

-------------------------------------------------------

ひとりでも私は生きられるけど
でも誰かとならば 人生ははるかに違う
強気で強気で生きてる人ほど
些細な寂しさでつまずくものよ

呼んでも呼んでもとどかぬ恋でも
むなしい恋なんてある筈がないと言ってよ
待っても待っても戻らぬ恋でも
無駄な月日なんてないと言ってよ

めぐり来る季節をかぞえながら
めぐり逢う命をかぞえながら
畏れながら憎みながら
いつか愛を知ってゆく
泣きながら生まれる子供のように
もいちど生きるため 泣いて来たのね

Remember 生まれた時
誰でも言われた筈
耳をすまして思い出して
最初に聞いた Welcome

Remember 生まれたこと
Remember 出逢ったこと
Remember 一緒に生きてたこと
そして覚えていること

ふりかえる暇もなく時は流れて
帰りたい場所が またひとつずつ消えてゆく
すがりたい誰かを失うたびに
誰かを守りたい私になるの

わかれゆく季節をかぞえながら
わかれゆく命をかぞえながら
祈りながら嘆きながら
とうに愛を知っている
忘れない言葉はだれでもひとつ
たとえサヨナラでも 愛してる意味

Remember 生まれた時
誰でも言われた筈
耳をすまして思い出して
最初に聞いた Welcome

Remember けれどもしも
思い出せないなら
わたし いつでもあなたに言う
生まれてくれて Welcome

Remember 生まれたこと
Remember 出逢ったこと
Remember 一緒に生きてたこと
そして覚えていること



「誕生」 中島みゆき

| 2009.03.07 Saturday | - | comments(0) |


スポンサーサイト
| 2009.03.27 Friday | - | - |
comment
コメントする